男子厨房にどんどん入り、女子大喜び?

「男子厨房に入るべからず」と誰が言い出したのかわかりませんが、今の時代なら、「男子厨房にどんどん入れ!」と言うべきでしょうか。女性の聖域?だったキッチンで男性が料理を作り、それを「職」とするプロも多くいます。

今となっては、理想の男性像に「料理上手」を上げる女子だっているくらい(笑)料理男子はモテ要素のひとつになりました。確かに、モー娘の保田圭ちゃんの旦那さんも、料理人を経てイタリア料理研究家であるし、北陽の虻ちゃんの旦那さんもこれまたイタリアンシェフ。

そう!川越シェフもでした。

料理が得意な上、これまた(イタリアン)とおしゃれ、そしてさらに「イケメン」ときました。男性に求めるもの・・・優しさや頼もしさは過去現在未来これは不変だと思いますが、「料理上手」はきっとこれからもっと上位にランクインしそうな気がするのです。

古い考えはそれでいいですが、いまは現代。今の時代にあった男たちがモテるのは当然ですよね。確かに美味しいものを作れるのにはキュンとする部分があります。

自分にはできないことが出来る人にはやっぱり憧れてしまいますよね。私も料理はするけど、プロのテクニックは無いしやっぱりいいと思ってしまいます。

猫とのご近所付き合い

うちは集合住宅で動物は飼えません。私が以前犬を飼っていて、最期まで看取ったので、また動物を飼いたい気持ちになるまでまだ時間がかかりそうというのもあります。そんな最近、全く私や家族に警戒しない猫が現れました。

うちの玄関のすぐそばのお隣の家の何かの大きな箱の上に寝ているのです。適度に日があたって風通しがよく、何よりその箱は2mくらいあるので外敵に襲われにくそうな場所のせいか、かなりの頻度で寝ています。

まだ若くとても可愛らしい白と黒の猫なのですが、ノラ猫なので、もちろん私も家族も触らないしエサもやりません。でも、近づいてスマホで寝顔を撮っても全く警戒しません。

時々うちの中に入りたいようなそぶりがあるので、それはお断りして、その代わりあまり近づき過ぎないように近づいて、話しかけたり写真を撮ったりして、その猫は気づいても全く逃げず、最近ではちょっと目を開けるとすぐにまた寝てしまいます。飼っているわけではないけれどいつもいる。そんななかなか良好なご近所付き合いを最近楽しんでいます。

この猫との付き合いはいつまでになるのかわかりませんが、なんとなくこのままずっと続いて欲しいような気がしています。自分たちで責任を追わないものの可愛さと言うのは、孫のような感覚がありますね。自分の子供だと責任の重さからしんどい部分もありますが、孫は可愛くて仕方がありませんからね。