梅雨の時期に、ささやかに盛夏を味わう

昔から日本人は、生活の中で季節を味わう楽しみを持ってきました。食べ物でいえば江戸っ子が愛した初鰹等がそう。季節を先取りして味わう事もあります。着物の柄を、梅雨の時期に夏草等を取り入れたりします。高価な着物を着る習慣のない私は、基本的に無縁なのですが、この前ちょっとした季節先取りの味わいをして、嬉しかったです。

普段の買い物は近くのスーパーでするのですが、梅雨の雨の中、その日は少し足を延ばして、地元の生産者センターに行きました。田舎ですので、野菜や果物がメインなのですが、おいしそうなプリンがありました。しかも賞味期限の関係から半額です。200円が100円。喜んで購入し、夕食に主人と食べました。

プリンの名前は「夏色プリン」。すっきりした円柱状のプラスチック容器に、2層に分かれて入っています。下層は2cmほどの白いココナッツ味のプリン。上層は5cmほどのハワイアンブルーのゼリーで、中にサクランボやミカン等のフルーツが浮いています。夏の白砂上に広がる青い海をイメージしているのです。100円で先取りした季節を味わう。ちょっとお得な幸せを感じました。