近所の自転車屋さん

近所の自転車屋さんのお兄さんはとってもいい人です。

物腰が柔らかく、いつもニコニコされています。

でも、ほとんど目が合ったことがありません(笑)

目を合わせるのが得意じゃないんだと思います。

でも、かく言う私も得意じゃないのです。

だから、きっと二人の目が合うときは、お互いの調子が良いときだと思います(笑)

そのお店で自転車を購入したとき、「空気がなくなったらいつでも来てくださいね~。自転車を見ればうちのだって分かるので。」

といってくれたので、いつも気軽に空気を入れてもらいに行きます。

「空気入れてもらえますか~?」

「あっ、はい!少々お待ちくださ~い!」

「・・・終わりましたよ~。またいつでも来てくださいね~♪」

「ありがとうございました~!また来ま~す」

というのがいつものやりとり。

でも、決して目は合いません(笑)

会話の内容を見れば馴染みのお客さんなのですが、言葉だけの関係(?)なのです。

コミュニケーションって難しいな~